債務整理にお困りなら、債務整理法.com

最適な債務整理法で無理なく返済
 

債務整理を綿密な計画を基にして実行することができれば、あなたもまだまだやり直すことができます。

債務整理法

債務整理法.comへようこそ。

債務整理.comへようこそ 初めて「債務整理」という言葉を聞く方・聞いたことはあるけど、意味がよく分からない・・・・。
このページにいらした方も、そんな方が多いと思います。ローンにしろ現金化サービスにしろ、お金が必要なためついつい借りすぎてしまいますが、返済計画を立てなかったばかりに借金を抱えてしまったという方はいらっしゃるはずです。

まず、「債務整理」とはどういったことなのか、カンタンに書いていきたいと思います。過払い請求については次回の機会にしたいと思いますので、お待ち下さい。

そもそも、「債務」という言葉は法律用語です。この意味は何かというと、
ちょっとむずかしいのかもしれませんが、カンタンに言えば「義務」のようなものです。
さらに分かりやすく言うと、「しなければならないこと」と考えてもらっても結構です。

たとえば、運送業の方であれば「今日の夕方4時までに得意先に荷物をとどけなければならない」という「義務=債務」が生じてきます。 また、サラリーマンであれば、「毎朝9時に会社に行かなければならない」という「義務=債務」が存在します。

そして、もしお金を借りている人でいうならば、たとえば「平成18年7月20日までに、利息を含めて12万5000円を武富士に返さなければならない」という「義務=債務」が生じてきます。
債務というのは、本来は、こういうふうに、「法律上、しなければならないこと」を全て指す法律用語です。
ただ、サラ金問題をあつかう場合には、ほとんど100%、お金を返すということが関係してきますので、「お金を返す義務」のことを「債務」ということが多いのです。

債務整理のカンタンな説明です。

ですので、「債務者」というのは、ここではお金を借りている人のことをいうと考えてください。

また、よく聞く「多重債務」というのは、「債務」が多い人、つまり、いろいろな人・業者などからお金を借りている人のことを言います。 一方、お金を貸している人のことを「債権者」といいます。
例えばサラ金問題の場合でいうには、「債権者」はサラ金を指す事が多いでしょう。

以上の事を、「お金を貸している人」が「債権者」です。「お金を返さないといけない人」が「債務者」です。

最近は、こうした債務者が無理な借金や事業の失敗などで、債務を返済できない状況に至っているケースが急増しています。

そのようなケースに遭わないようにするのが一番の対策なのですが、もしそうなった場合、あなたはどのような債務処理の方法を取ればよいのか・またはどのような債務処理に対しての対策を立てれば良いのか・・。

その債務整理法のヒントの数々を、このページで紹介していきたいと考えています。

注目サイト

かわいくはたらく女性を応援します!事務服&オフィス雑貨 IRO-iro

プリントTシャツの制作

洋服の買取ならブランド子供服リサイクル・レディースファッションのHIDAMARI

入管申請、在留資格の解説、中国語・夜間対応